桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

もてはやされる「大阪女優」たち 令和のいま結構キテる!

公開日: 更新日:

清原果耶は来春のNHK朝ドラヒロインに

 全米オープン女子シングルスで2度目の優勝を果たした大坂なおみが大阪出身というのはちょっとうれしい話だ。

 大阪といえばお笑いのイメージが圧倒的に強いが、お笑い以外でも有名人がいることがわかって同じ大阪人としては誇らしい。

 大阪を象徴する女性有名人といえば、上沼恵美子(実際は兵庫県淡路島出身)、和田アキ子、ハイヒールのモモコら。ちょっとアレ? な人が多いだけに……。

 令和の今は大阪、結構キテルと思う。とくに女優。注目は来春のNHK朝ドラ「おかえりモネ」のヒロインを演じる清原果耶(18)。朝ドラ「あさが来た」でデビューしたのが13歳。16歳の時に初主演したNHK「透明なゆりかご」は産婦人科が舞台の重い作品だったが、清原演じた見習い看護師の透明感ある演技に救われたとの声多数。作品を文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門大賞へと導き、自身も多くの新人賞を受賞した。最近は主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」の宣伝でよく見かける。会話を聞いていても大阪臭(いい意味で)は感じられないが、実は大阪出身だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

もっと見る