桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

公開日: 更新日:

 このところの芦田愛菜(16)の活躍ぶりには目を見張るものがある。まずCM。梅沢富美男相手に「見えな~い」とハイテンションな店員を演じてみせるワイモバイル、サトウの切り餅、東京ガス、スズキ・スペーシア。現在行われている国勢調査の「顔」にもなっている。さらにECCジュニア、小学館の図鑑NEOなど、幼い頃から本好きで都内有名進学校に在学し、学業と芸能界を両立させている頑張り屋さんというイメージもあり、その手のCMにも引っ張りだこだ。

 さらに、サンドウィッチマンとMCを務める「博士ちゃん」(テレビ朝日系)では大人顔負けの落ち着いた進行ぶりに定評がある。番組に出てくる博士ちゃんたちのマニアック過ぎる内容をうまくかみ砕き、わかりやすくサンドに解説する名アシストぶりには毎回感心させられる。

 女優としても10月9日公開の映画「星の子」で主演するなど、まさに八面六臂。安心と信頼の芦田愛菜という感じ。21日放送「しゃべくり007」(日本テレビ系)にも登場。初の女性総理を狙ってる、プライベートはギャル? など巷に流れる噂に答えていた。

 最近「女子力を上げようと思っている」などという話を聞くと、「愛菜ちゃんも大人になったなあ」と見ているこちらがうれしくなる。番組では7歳で初登場した時や中学生の時のVTRを流したが、子役から少女、大人の女性に成長していく姿を見続けていられることはありがたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る