“固定観念”が邪魔して「ドッキリ」に気付かずパニックに…

公開日: 更新日:

 内間です。「今、僕はいったい何の仕事をしているのだろう」と理解できてない時、当たり前ですが、かなりパニックに陥ります。

 そもそもそんな理解できてない仕事はあるのか、と思う方もいらっしゃると思いますが、実は一度あったのです。それは「ドッキリの仕事」です。

 ある雑誌の取材で、とあるオフィスにコンビで呼ばれました。そこで相方とテーブル席で向かい合っての待機。

 とりあえずたわいない世間話をして時間を潰していましたが、なかなか取材が始まりません。それどころか相方が昨日飲み過ぎたようで、体調不良を訴えてきました。確かに顔色も悪いし、頬もいつもよりもこけている。そして頻繁にトイレに席を立ちます。こんなにも噛み合わない日があるんだなと、何げに左側の本棚に目を向けると……え、隠しカメラ!? おいおい、まさかドッキリか。そして何よりも一番のパニックの要因が……何のドッキリか分からん! 脳をフル回転させても分からん!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る