平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

公開日: 更新日:

 まずはゲンダイ読者におわびと訂正です。1週間前のコラムに「国民的スターのタモリさんのデビューがシモキタ・ロフトだったことを名誉に思う」と書いた。ところが……実は3番目でした!

 九州・福岡にいたタモリさんを見いだし、東京に連れてきたのはジャズピアニストの山下洋輔さんだ。1972年暮れに山下洋輔トリオに加入したアルトサックスの坂田明さんと久しぶりに会い、タモリさんにまつわる話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

山下「タモリさんの第一印象はどうでした?」

坂田「言葉にするとボサボサっとした感じ。何の変哲もない<普通のおにいちゃん>でしたね」

山下「坂田さんが初めて出会ったのは……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る