二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

俳優も震え上がった“トップ屋”と呼ばれたフリー記者の存在

公開日: 更新日:

 週刊誌創刊ブームの昭和30年代、「トップ屋」と呼ばれる人がいた。週刊誌の目玉となるトップ(巻頭)記事を自ら持ち込む。「ドクターX」のナレーション風にすれば、

「群れを嫌い、編集部に所属することもなく、取材のスキルを武器に生きるフリーランスの記者」

 後に作家になった梶山季之や草柳大蔵らを輩出している。時代劇でいえば「賞金稼ぎ」「一匹狼」といったところだろう。

 私が週刊誌の世界に入った頃もまだ数人の「トップ屋」がいた。週刊ポストの人気シリーズだった「衝撃の告白」などを手掛けたのもトップ屋の人たち。芸能人を中心にさまざまなジャンルの人の性告白など、あまりに衝撃的なものだったが、舞台裏では裁判沙汰になることもあり、やがてシリーズは終わっている。

 トップ屋に初めて会った時の強烈な印象が今も鮮明に残っている。当時は珍しいパーマをかけた茶髪のロン毛。派手なダブルのスーツに濃いグリーンのレイバンのサングラスをかけていた。声をかけられても緊張で体が固まった。冬になるとトレンチコートを着るというより羽織る感じで街を闊歩する。芸能人でもヤクザでもない。何者かと誰もが振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」