サリア(SALLiA)
著者のコラム一覧
サリア(SALLiA)歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター(アニメ・コミック・ゲーム関連)

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合 ランキング3位 を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

興収100億円超「鬼滅の刃」ヒット3要素オタクニストが解説

公開日: 更新日:

 今一番、人を熱狂させている作品といえば、間違いなく『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』だろう。公開から10日間で興行収入100億円を突破し、日本で上映された映画の中で最も速い日数を更新した。

 筆者も、公開4日目に渋谷の映画館に早速見に行った。コロナ禍を忘れさせるほどの満員御礼で、普段アニメをあまり見ないであろう10代~20代のカップルが非常に多いことに面を食らったほどだった。

■アニメーションは作画で決まる

 鬼滅の刃という物語の素晴らしさは、もはや語るまでもない。そんな最高級の素材を、最高の料理(作品)として仕上げる役割なのが、アニメ制作会社である。鬼滅の刃の制作会社は「ufotable」。アニメ・ゲーム好きの間で制作会社がufotableであるというだけで、その作品に対する期待値が上がるほど、そのクオリティーは折り紙付きなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る