「恋する母たち」は女性3人組…なぜ男性はバディーなのか

公開日: 更新日:

〈不倫をした人はボロクソに叩くくせに、不倫ドラマを喜んで見る女子〉――そんなシニカルな意見もある。先月23日から始まったTBS系金曜ドラマ「恋する母たち」の話。

 木村佳乃(44)、吉田羊(年齢非公表)、仲里依紗(31)が演じる3人の母親たちの〈心の隙間に入り込む、別の男性との“恋愛”〉を描いたドラマだが、同7日に放送されたスペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」(日本テレビ系)の主要キャストも、いずれも32歳の吉高由里子榮倉奈々大島優子という“3人娘”だ。

「女性3人組のドラマというのは昔からままある設定ですね」と、芸能ライターのエリザベス松本氏がこう続ける。

「女性向けのドラマでポイントになるのは、登場人物に自分を重ね合わせられるか、共感できるかです。3人いれば、たとえば恋愛に積極的、消極的、どちらでもないというキャラの書き分けができる。ドラマも作りやすいし、視聴者にとってみれば、3人のうちの誰かに近かったり当てはまったりするので、共感しやすい、ドラマ世界に入り込みやすいというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る