和田アキ子が夜の六本木に戻ってきた! 超高級寿司を舌鼓

公開日: 更新日:

 先日のことだ。六本木の路地裏に大型セダンが止まった。狭い道をふさぐほどの車体を持つのは、メルセデスのマイバッハ。安くても5000万円、高いと1億5000万円もする超高級車だ。

 マイバッハが止まった瞬間に、運転席、助手席、後部座席右側と3カ所のドアが同時に開き、男性3人が素早い動きで後部座席左側の前に整列してうやうやしくドアを開けた。一体どこの大物ヤクザが降りてくるのかと、通行人もみんな足を止め注目している。すると、降りてきたのは、何と和田アキ子(70)。和田は通行人に見つかりたくないのか、顔を隠すようにうつむき、両サイドを付き人に囲ってもらいながら寿司屋の暖簾をくぐって行った。芸能関係者が語る。

「アッコさんが入ったのは、座れば1人5万円はする老舗の超高級寿司店。冷蔵庫はなく、すべてのネタを巨大な氷で冷やしているというこだわりのお店です。さすがのアッコさんも70歳になり、最近はあれだけ好きだったお酒もほとんど飲まなくなった上に、さらにはコロナ禍で外出も怖がって引きこもってばかりだったと聞いてました。六本木に出るようになったのは体調がいい証拠でしょう。コソコソしていたのは目立ちたくなかったからでは」

 何はともあれゴッド姉ちゃんに元気が戻ってきたのは芸能界的には朗報だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号