和田アキ子が夜の六本木に戻ってきた! 超高級寿司を舌鼓

公開日: 更新日:

 先日のことだ。六本木の路地裏に大型セダンが止まった。狭い道をふさぐほどの車体を持つのは、メルセデスのマイバッハ。安くても5000万円、高いと1億5000万円もする超高級車だ。

 マイバッハが止まった瞬間に、運転席、助手席、後部座席右側と3カ所のドアが同時に開き、男性3人が素早い動きで後部座席左側の前に整列してうやうやしくドアを開けた。一体どこの大物ヤクザが降りてくるのかと、通行人もみんな足を止め注目している。すると、降りてきたのは、何と和田アキ子(70)。和田は通行人に見つかりたくないのか、顔を隠すようにうつむき、両サイドを付き人に囲ってもらいながら寿司屋の暖簾をくぐって行った。芸能関係者が語る。

「アッコさんが入ったのは、座れば1人5万円はする老舗の超高級寿司店。冷蔵庫はなく、すべてのネタを巨大な氷で冷やしているというこだわりのお店です。さすがのアッコさんも70歳になり、最近はあれだけ好きだったお酒もほとんど飲まなくなった上に、さらにはコロナ禍で外出も怖がって引きこもってばかりだったと聞いてました。六本木に出るようになったのは体調がいい証拠でしょう。コソコソしていたのは目立ちたくなかったからでは」

 何はともあれゴッド姉ちゃんに元気が戻ってきたのは芸能界的には朗報だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ