BTSに兵役免除案、自社株取得…特例尽くしが許される理由

公開日: 更新日:

 韓国ボーイズグループBTS(防弾少年団)が8日、「2020MTVヨーロッパミュージックアワード」で、楽曲「Dynamite」を中心に「ベストソング」など4部門を受賞した。同曲は米ビルボード・シングルチャート「ホット100」で韓国アーティスト初の1位も獲得。文在寅大統領がフェイスブックで「K―POPの自負心をより高める快挙」と記すほどで、今や国家の“お墨付き”アーティストになっている。

 彼らの人気と共に所属事務所のビッグヒットエンターテインメントも先月15日に株式上場。一時は時価総額1兆円超えし、市場も席巻した。

 彼らの世界的躍進に兵役法改正案が浮上。兵役免除、入隊年齢制限の引き上げ特例対象に検討されているという。

■シビアな国民が

 これまで韓国芸能界では「兵役逃れ」が問題視されており、BIGBANGは、G―DRAGON(32)の兵役中の特別待遇や怠慢勤務、他メンバーの兵役中のスキャンダルで猛バッシングに遭いグループ活動再開のめどが立っていないほど。兵役に対する国民の目はシビアだが、BTSに限っては全く異なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る