BTSは節目を迎え注目の的に…芸能人の専属契約は“最長7年”

公開日: 更新日:

 K―POPを代表する男性グループ「BTS(防弾少年団)」が今年6月、7回目のデビュー記念日を迎えた。今年は特に現地メディアの注目度が高かったが、それには理由がある。K―POPグループの大部分はデビュー7年の節目を越えられず、解散または活動停止してしまうからだ。というのも韓国の公正取引委員会は、芸能人の専属契約を最長7年と制限している。つまり7年を越えて活動するには新しい契約が必要であり、寿命が尽きたと見なされたアイドルは脱落していくわけだ。

 期間の制限が設けられたのは2009年。当時は2004年デビューの東方神起が13年もの専属契約を結んでいることが報じられ、拘束期間の長さなどが「奴隷契約」との批判を呼んでいた。

■“奴隷契約”や暴行虐待が横行…

 だが一方で、事務所側の言い分にも一理ある。K―POPは長い期間を費やして練習生を育成する仕組みであり、コストを回収する前に移籍されたらビジネスが成立しない。こうした主張と「奴隷契約」との批判がせめぎ合い、現行の7年に落ち着いている格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る