神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

講談専門だった本牧亭が果たした役割

公開日: 更新日:

 講談を聞く、見るにはどこに出掛けるか。

「東京は上野・鈴本演芸場、新宿・末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、国立演芸場、それから永谷グループのお江戸日本橋亭、お江戸上野広小路亭、お江戸両国亭があります」

 その昔、講談専門の寄席・本牧亭が上野にあった。1857(安政4)年、江戸上野広小路に講釈場本牧亭を開場したのが始まりだ。その後閉場して「鈴本亭」(今の鈴本演芸場)が同じ上野にできた。

 昭和25年、鈴本演芸場裏に「本牧亭」として3代目席亭鈴木孝一郎により再建され、落語席の鈴本演芸場に対して日本で唯一の講談専門の寄席になった。

「唯一のフランチャイズだったんです。昼間は講談をやってましたが、それだけでは経営が成り立たないんで夜は貸席にしたんですよ。噺家も夜の本牧亭を借りて独演会をやってましたし、義太夫の演奏会も夜に開催してお客さんを集めてました。昭和38年に出版された安藤鶴夫著『巷談 本牧亭』が直木賞を受賞、この本で本牧亭の名前が一気に広まったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  9. 9

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る