吉本実憂の“アクション女優”転向は低迷オスカーを救えるか

公開日: 更新日:

 昨年は米倉涼子(45)、剛力彩芽(28)ら所属タレントが続々と退社。さらには古参の役員たちまで退社してしまった芸能プロ「オスカープロモーション」。喫緊の課題は新たなスターの発掘と育成だが、なかなかそのメドが立っていないという。

「以前は不定期で『全日本国民的美少女コンテスト』を開催。そこで優れた人材を確保していたが、2017年を最後に開催されていない。現在、1月期のテレビ朝日系ドラマで主演を務める小芝風花をプッシュしているが、新たなスター候補育成が待たれます」(テレ朝系関係者)

 そんな中、オスカーの切り札になりそうなのが12年の同コンテストでグランプリを獲得して芸能界入りした吉本実憂(24)なのだとか。正統派美女の吉本はデビュー以来、清純派路線を邁進。15年公開の映画「罪の余白」のヒロイン役が評価されたがブレークには至っていない。ところが、「吉本は昨年、山崎賢人主演の映画『キングダム』で山崎に殺陣などをたたき込んだ俳優の坂口拓に弟子入り。坂口が提唱する“ウェイブ”という肩甲骨を使った体の動きをマスターし、坂口のYouTubeにたびたび登場してはキレのあるアクションや、プロ格闘家顔負けのキックボクシングのスパーリングを披露しているのです」(芸能ライター)。

 アクション女優に転向で死中に活か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?