海老蔵“ステージパパ”へ一直線 息子の襲名年内実現に意欲

公開日: 更新日:

 市川海老蔵(43)の「団十郎襲名」が先延ばしになっている中、海老蔵が長男の堀越勸玄(7)の「市川新之助襲名」を今年中に進めたいと吐露したと発売中の「女性自身」が報じている。

 当初は、昨年のうちに海老蔵親子がダブル襲名。東京五輪で華々しくお披露目の後、2年かけて襲名披露興行を行う予定だった。しかしながら、コロナ禍で頓挫し、いまだメドが立たず。歌舞伎界では4歳から7歳のうちに襲名するのが一般的で、後に続く“海老蔵”襲名スケジュールがずれ込んでしまうことを懸念しているという。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「ご自身の襲名披露は個人の問題ではなく、歌舞伎界全体の一大行事なのでどうにもならないのは百も承知。ただ勸玄くんの襲名だけなら、ある程度成田屋の裁量で現実化できる余地がある。勸玄くんが成田屋のプリンスであることは揺るぎない事実ですが、市川新之助を襲名するということは“一人前の歌舞伎役者”として見られ方も変わる。今しかできない役どころ、芸を教え込みたいのは、成田屋の当主としてもっともでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る