鈴木奈々「生涯バラエティータレント宣言」胸中を明かす

公開日: 更新日:

 読者モデルからキャリアをスタートし、可愛いのにNGナシ、泥まみれもOKというバラエティータレント・鈴木奈々(32)。いまだに地元の茨城から通い、バラエティー番組にこだわる鈴木の胸中を聞いた。

 バラエティー界はライバルも多くなったが。

フワちゃん朝日奈央ちゃん、みちょぱ藤田ニコルちゃんとかたくさんいますからね。まぁ、そこは個性かな……でも昔、あるプロデューサーさんに『仕事を1個断ったら、3個減るよ』って言われたこともあって、今もいただいたお仕事は“NGナシ”です! 最近はリモート出演が増えたんですが、私オーバーアクションだから見切れちゃってー。周りの反応とかもわからなくて不安になります(笑い)」

 そんなリモートに対応しつつある鈴木に新たな仕事が入ったとか。

「はい。会社の中のことを私が掘り下げて動画にする“1日監査役 リモート奈々”っていう仕事なんです。私が企業の社長さんとかと対談したりするらしいので『引き出す力』とかの本を探して読んでみようかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る