EXITにコンビ内格差?りんたろー。にファンが気をもむ理由

公開日: 更新日:

 第7世代のお笑いコンビEXIT兼近大樹(29)とりんたろー。(34)の2人は、最も活躍しているコンビのうちの1組といってもいいだろう。 

 お笑い番組だけでなく、情報番組のコメンテーター、ニュース番組の進行、映画出演、女性誌でのセミヌード披露。そして、アパレルブランドのプロデュース、YouTubeチャンネルと、極めて多忙な日々を過ごしている。そんな2人の忙しさを心配するファンが少なくないが、

「2人の人気の格差がここのところますます広がっているのが気になります」と話すのは、りんたろー。ファンの30代女性。

「『an・an』でセミヌードを披露したかねちー(兼近)は、特に鍛えていないのにきれいな腹筋やしなやかな上腕二頭筋が評判になりました。一方のりんたろー。さんもつい最近まで雑誌『VOCE』で『EXITりんたろー。美容道』という連載をやっていました。もともと『an・an』に出たがっていたりんたろー。さんより先にかねちーのグラビアが決まったことに触発されたのか、『VOCE』の連載途中でグラビアをやることを目標にして、ぽっちゃり体型を解消するためにカリスマトレーナーをつけていました。ところが、何か月たってもぽっちゃりのままで、最終的にセミヌードになりましたが、かねちーと比べるとカラダが絞れていないのです。サンリオのキャラクター『ぐでたま』のようだといわれています」(前出・30代女性ファン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る