城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

小川彩佳アナも不可避…芸能界では「別居=離婚」になる

公開日: 更新日:

 TBS系「news23」のキャスター、小川彩佳(35)の夫が不倫していたと報じられた。

 小川アナは番組では特にコメントすることもなく、普段通りに進行していた。

 一方、渦中の夫は、医療系ベンチャー企業の代表取締役で、今回の報道を受けての決断と行動は早かった。不倫が報じられる前日に会社の代表取締役を辞任し、ヒラの取締役となることを発表、さらに今期の役員報酬を返上し、時価16億円ともいわれる、自身が保有するストックオプション(新株予約権)を放棄するとした。コロナ禍のオンライン診療サービスで急成長したことへの配慮もあろうが、手早い対応で株価への影響はほぼなかった。時間的には、妻への言い訳に時間を割くより、会社の存続の方を優先させたとみられる。

 ただ、追い打ちをかけるように不倫相手の女性が、以前から交際をしていて、沖縄に旅行に行ったことなども別の週刊誌に明かし、夫妻の今後が注目を集めている。小川アナが生後7カ月の子どもを連れて家を出たという報道もあり、もし別居ということになれば離婚の可能性も高くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る