キンコン、オリラジ…退所後もグループ継続組が増えるワケ

公開日: 更新日:

大きかった公取のSMAPへの言及

 古くは“新・加勢大周”騒動や15年の能年玲奈のん改名騒動」、16年のSMAP解散騒動のように、所属事務所を飛び出したタレントはその後、旧芸名、グループ名を使用できないなど、芸能界にはこうした不文律がまかり通っていた。ところが最近では、先月独立したキングコングの西野亮廣(40)のように吉本興業を退所したものの、相方の梶原雄太(40)は吉本に残留したままでコンビ活動は継続する例も。オリエンタルラジオの2人も「事務所は辞めたもののコンビ活動は継続する」というこれまでにはないパターンが増えつつある。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「公正取引委員会の元SMAPへの言及が大きかったのは事実ですが、メディアの多様化、SNSの活性化がコンビ活動の継続を促進させました。事務所の制約を受けることもないし、テレビに出演できなくても活動の場はいくらでもあるからです。今は事務所側もタレントも揉めるより“円満退社”のほうがテレビ局やスポンサーの印象も良く、実益面でもプラスになる。グループ活動を存続させれば、周年記念の再結成ビジネス、旧所属事務所への出戻りの可能性も残せます」

 一世を風靡したグループ名や芸名は双方にとって貴重な財産。事務所の敷居を一歩でも出たら“敵”という時代ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る