NHK大河「青天を衝け」はヒット狙いの仕掛けがてんこ盛り

公開日: 更新日:

 やっぱり大河ドラマは戦国か幕末だね――おそらくNHKの中でもそんな会話が交わされていることだろう。「麒麟がくる」もまずまずだったが、「青天を衝け」は久しぶりの初回世帯視聴率20%、第2話も約17%と絶好調のスタートを切った。

 主人公の渋沢栄一は、名前くらいは知っているけど、何をやった人なのかはよく知らないという程度の知名度だが、NHKは今年一番の話題ドラマになるはずと皮算用している。ビジネス誌の編集デスクは「実に見事に仕掛けられている」と苦笑する。

「渋沢が創業したり、経営に関与した企業は約500社もあって、現在のトップ企業のほとんどが何らかの関わりがあります。『来週の大河にうちの会社が登場する』と言われたら、社員はみんな見るでしょう。番組最後の『青天を衝け紀行』で、東京電力が渋沢栄一像を清掃している様子が流れましたが、東電グループは関連業界も入れれば、何十万人もの従業員、取引先がいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

もっと見る