二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「占い」は女性誌の鉄板企画!新たな干支占いを考えたが…

公開日: 更新日:

 近年、占いは下火傾向にあるが、かつて女性誌の鉄板アイテムだった。朝の情報番組もしかり。通勤・通学前に占いをチェックして、「今日は運勢がいいぞ」「恋愛運は悪い」と自身に言い聞かせる。

 学校では運勢の話で盛り上がる。なかには「あの雑誌の星座占いが当たる」と占いを見るために雑誌を買う女性もいた。ファッション誌も占いページに参戦。隠れた占い戦争に勝つには誰のどんな占いを載せるかにあった。

「当たる確率が高く評判になると連載も延びる。そのまま本になるケースもあり、占い師をプロデュースする人まで現れ、売り込みに来ることもあった。うさんくさい者もいれば、パクリみたいな人もいました」という話を編集者から聞いた。

 海外も含めすべての占いを数えると一説には150種以上あるそうだが、雑誌に掲載するのは見てもらう必要のない、自分で判断できる占いに限られる。星座・血液型などがポピュラーなものとして雑誌の主体になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る