桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

谷原章介は6人!情報番組のMCにはなぜか子だくさんが多い

公開日: 更新日:

 谷原章介を初めてテレビで見たのは1995年のドラマ「未成年」だった。いしだ壱成演じる主人公の大学生の兄を演じた谷原はスポーツ万能成績優秀だが、実は冷酷な一面を持つというクセのある役どころだった。その後は「メンズノンノ」出身ということもあってシュッとしたイケメン(そんな言葉はなかったが)役が続いた。

 2007年1月、「王様のブランチ」の2代目MCに起用され、自分の言葉で本の感想などを語る谷原はドラマの時よりも生き生きして見えた。プライベートでは同年3月、元タレントの三宅えみと結婚。彼女はいしだの元妻でその連れ子と10月に生まれた長女と2児の父親になり家庭ができたことで、よきパパのイメージも獲得、あれよあれよという間に6人の子供の父親になった。と同時に仕事でも快進撃が続いている。

 NHK・Eテレの「きょうの料理」では、「谷原章介のザ・男の食彩」で料理男子をアピール、朝日放送・テレビ朝日系「パネルクイズ アタック25」では初代・児玉清のインテリのイメージも継承し、NHK「うたコン」のMCにも起用されてひっぱりだこだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  7. 7

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る