本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

広瀬アリスには「友近以来の“女芸人”やわ」と舌を巻いた

公開日: 更新日:

 先日、生放送で行われた「R-1グランプリ」で霜降り明星と共に初めてバラエティー番組のMCを務めた広瀬アリスさん。視聴者投票が画面に表示されないなど“ぐだぐだの進行”が続く中、おろおろしていたり、舞台袖でせいや君に「吐きそう」と緊張を吐露したり、番組後に「自分の実力不足だったと反省しております…本当にすみません…」とツイートしたり、人間味あふれた対応が、より好感度を上げ、SNSでは「#本当の優勝は広瀬アリス」と称賛の声が上がりました。

 そんな広瀬さんに2017年後期のNHKの朝ドラ「わろてんか」で漫才指導をさせていただきましたが、その時の対応力、適応力には本当に驚かされました。NHKから「漫才の指導をお願いしたい」とNSCの事務所に連絡があり「キース(大野拓朗さん)とアサリ(前野朋哉さん)」「リリコ(広瀬アリスさん)と四郎(松尾諭さん)」の2組の指導を依頼されました。広瀬さん演じるリリコは天才漫才師と呼ばれた“ミスワカナ”の雰囲気を出さなければならず、メリハリの利いた大阪弁は今の漫才師でも難しい内容で、非常に高いハードルを感じたものの、自分が朝ドラに関わる機会は二度とないと思い、引き受けました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  4. 4
    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

  5. 5
    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

  2. 7
    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

  3. 8
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 9
    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

  5. 10
    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い

    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い