テレ東が仕掛ける 倫也×勇斗“胸キュン狙い”ドラマの皮算用

公開日: 更新日:

 4月1日から新年度。月曜を週のスタートにしているテレビでは、ひと足早く3月29日から“新編成”となり、月~金曜の帯放送の生番組は、新番組が始まったり、新レギュラーや新コーナーで模様替えをする。

「今期の改編で最注目なのは、夜11時から10時に時間を繰り上げたテレビ東京の『WBS』です。テレビ朝日『報道ステーション』にぶつける思い切った編成がどう出るか。そして朝8時の情報番組です。TBSの『ラヴィット!』と、フジテレビ『めざまし8』。日本テレビ『スッキリ』とテレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』の固定視聴者を切り崩せるのか。放送翌日には視聴率がネットニュースで話題になるでしょう」(テレビ誌ライター)

 とはいえテレビネタで話題になりやすいのは、やはり連続ドラマ

 GP(ゴールデン・プライム)帯では、4月5日の竹野内豊(50)主演のリーガルもの「イチケイのカラス」(フジ系月曜夜9時)を皮切りに、4月第2週から第3週にかけて続々と始まる。

「GP帯、深夜ともに恋愛ドラマが多いのが今期の傾向のひとつ。〈〇〇キュン〉はネット上で話題になりやすいですからね。恋愛ドラマでなくても“キュン狙い”のキャスティングが目立つように感じます」

 そう語るのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏。亀井氏は「キュンのポイントは人それぞれなのですが……」と前置きしつつ、「放送曜日・時間帯も含めてキュンドラマのナンバーワン候補」として、4月5日スタートの中村倫也(34)主演「珈琲いかがでしょう」(テレ東系月曜夜11時06分)を挙げる。

「珈琲いかが」は、中村が2019年に出演した連ドラ「凪のお暇」(TBS系)と同じ原作者・コナリミサト氏による同名コミックのドラマ化。連載当時から主人公である移動コーヒー店のマスター・青山のビジュアルが〈中村倫也にしか見えない〉といわれ、中村主演での実写化への要望が多かった作品だ。

怪しい存在の磯村勇斗も登場

 脚本・監督は、06年公開の映画「かもめ食堂」や同07年の「めがね」などで知られる荻上直子氏。

「さらに怪しい存在として磯村勇斗さんをキャスティング。月曜夜11時台というこれまで連ドラのなかったところに、新たな視聴者を呼び込もうという意欲を感じます」とは、前出の亀井氏。

 番組の情報解禁以降、ネット上では、〈本当に中村さんで実写化してくれてありがとう〉〈倫也と勇斗のフェロモン合戦が楽しみ〉など盛り上がっているようだ。

「WBS」が夜10時台に繰り上がったことでできた新設ドラマ枠が話題となれば、新たな視聴者もスポンサーもついてくるか。もっとも、キュン感度のないオジサン世代は対象外だろう。 

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方