桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

この春テレビ番組から消えた人の「イタチの最後っ屁」

公開日: 更新日:

 春は別れの季節。だけど、慣れ親しんだ番組の終了や卒業という名の降板にはやはり一抹の寂しさを感じる。先週末から今週にかけてはまさに連日お別れラッシュ。世間は早くも新番組をああだこうだと喧しいが、こちらはジックリ番組から消える人の「イタチの最後っ屁」のような別れの言葉に注目したい。

■志らくは最初から言いたい放題なら…

 26日金曜。朝のワイドショーはTBS系「グッとラック!」とフジテレビ系「とくダネ!」。鳴り物入りでスタートしたものの、わずか1年半の短命に終わった「グッと」の立川志らく。皮肉にも終了が決まってからの志らくは吹っ切れたのか自虐も含めて言いたい放題。なぜ最初からそうしなかったか。最終回は敬愛する山田洋次監督と対談、エンディングの「志らく一段落」では「今となっては正常時にやりたかったなっていうのはありますね。1年半のうち1年がコロナで。来週から『ラヴィット!』が始まりますからみなさん見てください。私は見ませんけど」と捨てゼリフ。そういうコメントを聞きたかったといっても後の祭り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る