児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

名前が気に入らなければ まるで「整形」のように改名申請

公開日: 更新日:

 今月9日に日本で公開される韓国アクション映画「ザ・バッド・ガイズ」。2014年に韓国で放送されたドラマをモチーフに製作され、457万人を動員する大ヒットとなった。映画にはあの“豊臣秀吉”の名前まで登場し、筋肉ムキムキの主演俳優マ・ドンソクが極悪非道の日本人に立ち向かう。

 そこで魅力を振りまいているのが美人女優のキム・アジュン。ドラマにはなかったキャラクターの“ノスン役”を熱演したが、“ノスン”という名はコンプレックスでしかない。

 韓国では「子(ジャ)」や「純(スン)」のつく名前は田舎くさいという印象を持たれている。映画の中で何度も「私はノスンじゃなくてジェシカだってば!」というセリフが飛び出すのはそのせいだ。

 韓国といえば整形大国だが、顔を変えるのと同じく、名前も気に入らなければ改名申請する。手続きが簡単なこともあり、年に7万件ほどだった改名申請が06年には10万件超に増加した。これは前年に放送された大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」が大きく影響したといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る