西川貴教も疲弊訴え…第4波襲来でエンタメ業界“存続危機”

公開日: 更新日:

 新型コロナ「第4波」への懸念が拡大する中、エンタメ業界への更なる悪影響は必至。現場からは絶望的な声が上がっている。

 お笑いコンビ、シソンヌの長谷川忍(42)は、11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、変異株による感染拡大が進む大阪で、吉本の劇場も困窮していることをこう訴えた。

「劇場は復活しているが、前2列は空きっぱなし。お客さんも間を空けてしか入れていないので、劇場は苦しいし芸人のギャラも減ってくる」

 同じく出演していたミュージシャンの西川貴教(50)も「全国ツアーなどは抑えている」として、「配信ライブ」などで一時的な収入を確保できたとしても、長引くコロナ禍で、音楽業界全体が疲弊している現状を語った。業界歴が長い芸能関係者のひとりはこう話す。

「音楽業界や舞台は特に厳しいです。ぴあ総研が昨年10月に試算した2020年のライブ・エンタメの市場規模は、コロナに見舞われて約1300億円。前年対比8割減です。オンラインライブ市場は伸びているものの、利益を出せるのは、サザンや嵐、ユーミン、乃木坂46らといった一握りの大物歌手のみ。中堅以下のミュージシャンや劇団は厳しく、インディーズのアイドルなどはとてもシノげません。劇場も演者のほうもこれ以上、休業状態が続いたら本当に底が抜けてしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る