西川貴教も疲弊訴え…第4波襲来でエンタメ業界“存続危機”

公開日: 更新日:

 ドラマやバラエティー番組などの収録を抱えるテレビ局の現場も「第4波」への警戒は強い。

「多くの春ドラマが撮影される1月に『緊急事態宣言』が出されましたが、定番となったフェースガードや、出演者やスタッフが10日に1度、PCR検査をすることで乗り越えました。しかし外出自粛要請などがまた本格化してくると、昨年のように収録を中止せざるを得なくなる。せっかく“新しい日常”で回していた現場も再び止まってしまう」(ドラマ関係者)

■現場は疲弊の極み

 一方、長引く自粛生活に、テレビ業界や芸能界にも「自粛疲れ」や気の緩みが起きているのもたしかだ。東山紀之(54)はMCを務める「サンデーLIVE!!」(11日放送・テレビ朝日系)で、同番組のスタッフが飲食を伴う送別会に参加し、5人が新型コロナに感染した問題に言及。「番組スタッフの気の緩みからこのような状況を生んでしまったこと、大変申し訳なく思っております」と謝罪した。政治家や厚労省の職員の大人数での飲食を伴う会合が問題視されているだけに批判の声が上がっていたからだが、キー局制作関係者はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  7. 7

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  8. 8

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る