竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

公開日: 更新日:

 スタート前はさほど注目度が高くなかった月9ドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の勢いがすごい。第5話までの平均視聴率が12%を超え、早くも続編を口にするスタッフも出ているという。人気漫画が原作で、法廷を舞台にしたドラマということで「さすがに大コケすることはないだろう」と言われてはいたが、ここまで数字を伸ばすとも期待されていなかった。

 下馬評を覆したことで、にわかに注目を集めているのが、最終学歴が中学卒業で“東京地裁第3支部第1刑事部”の判事役を演じている竹野内豊(50)だ。竹野内といえば、2018年7月期の人気ドラマ「義母と娘のブルース」TBS系)の主人公(綾瀬はるか)の亡夫役が記憶に新しいが、彼が連ドラで主演を務めるのは16年4月期の「グッドパートナー無敵の弁護士」(テレビ朝日系)以来、実に5年ぶり。

 フジテレビには、竹野内を“タケさま”と呼ぶファンたちから、〈あの伝説のドラマ『ビーチボーイズ』から四半世紀が経つのに、少しも変わらないその容姿には本当に驚かされます〉とか〈年の取り方が本当にカッコイイ…タケさまを見ていると思わず見惚れてしまい、時間が経つのを忘れてしまいます〉といった熱い応援メッセージが寄せられているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    自民党内で乱立する「議員連盟」は権力亡者とゾンビの巣窟

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る