櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

公開日: 更新日:

 日本テレビが頭を抱えているのがドラマ「ネメシス」の大惨敗ぶり。櫻井翔(39)や広瀬すず(22)をキャスティングしたにもかかわらず視聴率が一向に上向かない。

 初回世帯視聴率こそ11.4%だったが、その後が続かなかった。第2話が9.5%、第3話が8.9%。第4話が8.3%、第5話が7.8%。そして16日の第6話は0.1ポイント微増で7.9%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「放送時間こそ違うが21時からの『ドラゴン桜』(TBS系)は悠々と2桁を超えているので、『ネメシス』が放送される22時30分からの時間帯にも、決してドラマ好きの視聴者がいないわけではないはずなのだが、低空飛行が続いています」(キー局関係者)

 この結果に主演の櫻井や広瀬もテンションはダダ下がりだという。ちなみに低視聴率が続く「ネメシス」の中身は、天才的な推理力を持つ助手の美神アンナ(広瀬)と、自称天才探偵だが実はポンコツ探偵の風真尚希(櫻井)が難事件を解決していくコミカルミステリー。櫻井と広瀬以外にも江口洋介仲村トオル橋本環奈勝地涼中村蒼ら豪華出演陣がガッチリ脇を固めている。なぜ、視聴率が上向かないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る