新垣結衣“逃げ恥婚”は強行突破? 事務所と契約形態変更の裏

公開日: 更新日:

 関係者によると、新垣は妊娠はしておらず、入籍もこれから。挙式披露宴も未定。同居もしていない。すべてはこれからだが、コロナ禍での明るいニュースは日本中を駆け巡り、一服の清涼剤となった。

■“稼ぎ頭”の新垣に事務所を去られるくらいなら…

 しかし気になるのは、結婚を機に新垣が所属する芸能プロダクション「レプロエンタテインメント」との専属契約の見直しを明らかにしていることだ。

「タレント側が有利な、エージェント契約に近い内容のようです。当初はレプロを辞めて引退するという情報やフリー転身説が流れましたが、レプロ側が即座に否定。引退と報じたメディアにはクレームをいれたそうです」(マスコミ関係者)

 レプロ側がナーバスになっているのには理由がある。レプロは近年、「のん」こと能年玲奈(27)や清水富美加(26)との契約や独立問題をめぐるタレント側と事務所サイドのゴタゴタがたびたび表面化してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る