フリーアナ渡辺真理に横浜市長選出馬情報 市長と親密関係

公開日: 更新日:

 フリーアナウンサーの渡辺真理氏(53)が、8月22日投開票の横浜市長選に自民党推薦で出馬すると月刊誌「FACTA」のオンライン版が号外速報で5月30日に報じて話題だ。

 記事によれば、6月7日に開かれる自民党横浜市支部連合会(市連)の大会で、推薦候補を正式発表する予定だが、現職の林文子市長(75)の後継指名として、渡辺氏の名前が挙がっているという。

 同誌は5月にも菅総理と関係の深い元参院議員の松田公太氏(52)や神奈川選出の自民党参院議員の三原じゅん子氏(56)が有力候補に挙がっていると報じているが、ここへきて、林氏お気に入りの渡辺氏の名前が急浮上しているというのだ。

 渡辺氏は取材を通じ経営者時代の林氏と知り合い、この10年間は林市長が登壇する市のシンポジウムなどの司会の仕事を多数こなしてきたため、両者の関係は親密だという。

 75歳と高齢で、すでに3期務めている林氏については、自民党の“内規”で、政令市長選で4選を目指す候補者に公認や推薦を出さない決まりがあり、林氏はハシゴを外されたと記事では伝えている。

■生粋の“ハマッ子”

 渡辺氏といえば、生まれも育ちも横浜の生粋の“ハマっ子”。国際基督教大学を卒業後、90年にTBS入社。96~97年に同局の「筑紫哲也 NEWS23」のサブキャスターを務めた後、98年にフリーに転身。98年からは「ニュースステーション」のサブキャスターとして、番組終了の04年まで、久米宏氏の隣に座っていた。

「リベラルな印象が強いが、Nステ終了後は、キャスターという感じではなかった。『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』(04~09年)や『そこまで言って委員会』(15~19年)で司会を務めましたが、現在はテレビで目にすることも少なくなっていました」(芸能関係者)

松田公太氏や三原じゅん子では勝てない…

 ちなみに渡辺氏は、08年にフジテレビ局員の男性と結婚している。記事では、自民党市連と菅首相側近の坂井学内閣官房副長官(衆院議員・神奈川5区選出)らが協議した結果、市連が行った直近の世論調査で人気が低かった松田、三原の両氏では現職の林氏が出馬したら勝てないと判断したため、渡辺氏に白羽の矢を立てたという。政治評論家の有馬晴海氏はこう話す。

「政治家と距離が近いタレントがいると必ずこうした話が取り沙汰されますが、当たらずとも遠からずのところはあります。現職の林氏は、任期も長くなってきて、カジノ誘致や待機児童のカウント方法の問題でメッキが剥がれてきてしまったところがあるので、自民党としては、知名度があって新鮮な渡辺真理氏を推薦し、一気に形勢を固めたいということはあるかも知れません」

 有馬氏がさらに続ける。

「最終的には、本人の考え次第だと思いますが、渡辺氏は誠実で勉強家という印象もあり、地元横浜のイメージも強い。女性起用の流れにも合致する。またキャスター出身だけに発信力は抜群でしょう。テレビ業界が先細る中、今まで培ってきたものを生かして政界進出を考えたとしても不思議ではありません」

 日刊ゲンダイは渡辺氏の個人事務所に出馬の意思を聞いたところ「出馬の予定や出馬の打診を受けた事実はございません」と回答があった。

 しかし昨今は、小池百合子氏(東京都知事)、黒岩祐治氏(神奈川県知事)、蓮舫氏(参院議員)、丸川珠代氏(参院議員)ら、キャスター出身の政治家が目立つ。出馬となれば全国区の話題となることは確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る