平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

PANTA 18歳で「アイドルにはならない」とホリプロを辞めた

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスが猛威を振るう前の2020年2月。世田谷・下北沢駅正面にライブハウス「Flowers Loft」がオープンした。先月の4月25日、ひさしぶりに顔を出した。ロッカーのPANTAさん(71)が1969年12月に「頭脳警察」を結成する前、活動していたバンド「ピーナッツバター」の復活ライブをリアルに体験するためである。それにしても、PANTAさんとは40年以上の付き合いだが、GS(グループサウンズ)自体が好きじゃなかったこともあって「なんてカッコでなんて歌を」と思ってしまった。もちろん確固たる思いがあっての復活劇だったのだが――。

 ――そもそもピーナッツバターとは何ぞや?

「大学に入って組んだバンドのドラマーが『オレの兄貴がホリプロのマネジャー。オーディションを受けてくれと言っている』と。大人気だったGSグループ・オックスの弟分として売り出そうとしていたみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る