今田美桜「恋ぷに」大コケも…“次世代ヒロイン”に躍り出た

公開日: 更新日:

「特に今田美桜さんの女優としての成長が目覚ましかったドラマだと思っています」

 ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がそう話すのが、9日に最終回を迎えた連続ドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)、通称「恋ぷに」。

 ドラマ自体は〈綾野剛の無駄遣い〉〈韓国ドラマを意識しすぎてスベっている〉などと、散々物議を醸したが、ネット上では〈このドラマ、ヒロインを美桜ちゃんで見たかった〉という書き込みも目についた。

 今田美桜(24)は「恋ぷに」で、石原さとみ(34)が演じたヒロインの海音と同じ研究室で働く宮前藍花を好演。

 前出の山下氏は「これまでも多くの連ドラに出演してきた今田さんですが、『恋ぷに』では、恋愛ドラマの“次世代のヒロイン”として、いよいよふさわしい存在になってきたな、という印象を持ちました。思わず目を引くあのキュートな容姿に、演技力がしっかりとついてきたと言えばいいでしょうか」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る