東京五輪開会式 中国でのトホホな評判…「ビートたけし逮捕」のフェイクニュースも流れた

公開日: 更新日:

 23日に行われた東京五輪開会式。

 翌24日、ビートたけし(74)は「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で番組冒頭から「昨日の開会式、ずいぶん寝ちゃいましたよ、驚きました。金返して欲しいですよね。税金からいくらか出ているだろうから、金返せよ。外国に恥ずかしくて行けないよ」と痛烈に批判。江戸の職人風のタップダンス、漫画の吹き出しを模した各国のプラカード、ゲームのテーマ曲起用など“日本のキーワード全部のせ”演出だったが、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏も「サンデージャポン」(TBS系)で「165億円っていわれている予算に値するコンテンツと本当に思ってるのか」「非常に手抜きですよ、すべてが」と酷評。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚)

 そんなイタすぎる開会式を隣国・中国も冷ややかに見ているようだ。中国人ジャーナリストの周来友氏は「たけし報道がSNSで拡散し、フェイクニュースまで流れた」とこう続ける。

“オタク推し”にも響かず

「たけしさんのコメント動画はTikTokなどSNSで拡散され、『さすが、世界のキタノ』といった称賛の声が上がりました。その翌日には、東京五輪に否定的な意見を述べたとして“北野武氏警視庁に逮捕”というフェイクニュースまで流れたのです。政府に逆らうと投獄されかねない中国ならではのフェイクニュースですが、裏を返せば、それほどたけしさんの意見が注目されたということです。

 出演者で話題になったのは中国の歌番組にも出演しているMISIA。それよりも日本の放送局が台湾のことを(国際機関での)正式名称の“チャイニーズタイペイ”ではなく“台湾”とアナウンスしたことが、日本はアメリカ寄りで、台湾を独立国と認識していると問題視されています。

 “オタク”受けを狙った演出についても、いくら中国人のオタク人口が多くても、約14億人の国民全体に対してはマイノリティー。アニメや漫画、ゲームといったクールジャパンを知る中国人はほとんどいません」

 トホホ。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま