麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

公開日: 更新日:

 オミクロン株の感染者が急増し、第6波が始まったとワイドショーが息を吹き返している。感染力は強いが、重症化リスクは低いというのが一般的だが、ワイドショーは「医療従事者間で感染が広がり医療が逼迫する」などと不安をあおるような報道ばかり。感染が急拡大したこの1週間の視聴率はまだ出揃っていないが、ワイドショーのコメント欄は「アホくさ」「浅はか」などと8、9割方否定的なコメントが並び荒れている。

 そんなワイドショーにうんざりした視聴者に支持されているのが、MCが麒麟・川島のTBS系「ラヴィット!」。昨春のスタート当初は不評だったが、ワイドショー的な話題は一切扱わず、徹底したバラエティー路線を貫いてきたことが、今になって支持を広げているようだ。

 昨年10月には、TBS系の「水曜日のダウンタウン」で番組が取り上げられたことでも話題になり、11月1日から民放公式テレビポータル「TVer」でも見られるようになった。

「平日朝の番組なので学生や会社員は休みの日しか見られなかったのですが、『TVer』で見逃し配信されるようになって新たな視聴者を獲得したようです。視聴率も当初の1%台からアップして3%をマークする日も。乃木坂46やSnow Manといったアイドルが出演し、お笑い好きのみならず、アイドルファンなどの比較的若い層からの支持に加えて、コロナ報道から逃れたい視聴者が流れているのだと思います。まだまだ伸びしろがありそうです。そもそも横並びの朝ワイドというのがマンネリの象徴。選択肢が少な過ぎます。ドラマやクイズ番組があってもおかしくないと思います」(TVウオッチャー)

 多様性の時代といいながら、多様化していないのがテレビ。コロナ報道では都合のいいことを一方的に取り上げる姿勢もわかった。

「ラヴィット!」の挑戦が朝のワイドショーに一石投じたことは間違いないのでは……。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道