成田凌主演「逃亡医F」はぶっ飛んだDr.コトー? ネットに溢れる酷評の嵐

公開日: 更新日:

 15日にスタートした連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系)の初回平均視聴率は8%台をマークしたものの、ネットには〈リアリティがなさすぎて、来週からの録画予約消した><ツッコミどころが多すぎて、コントみたいなのにシリアスな雰囲気のままストーリーが進んでいってついていけない><アメリカ映画の『逃亡者』の劣化版>といった辛辣な意見があふれている。

 原作・伊月慶悟氏、作画・佐藤マコト氏による原作コミック(Jコミックテラス刊)の同名漫画を実写化。主演の成田凌(28)にとっては、今作がプライム帯(19時から22時台)の連続ドラマでの初主演となる。

 日テレの土曜22時台のこの枠は、前期の「二月の勝者―絶対合格の教室―」をはじめ、「イノセンス 冤罪弁護士」「俺の話は長い」「スーパーサラリーマン左江内氏」など実験的かつ斬新な作品が多い。

 今作も放送直後はティーバーでも1位を獲得し、期待値はかなり高かった。原作が漫画なので、多少ぶっ飛んだ表現やストーリー展開があっても、面白く、齟齬がなければ視聴者にも受け入れられていたはずだ。ただ、手術シーンなど医療的要素を多く含む作品にもかかわらず、リアリティーを出すべきポイントが決定的にズレているため視聴者がソッポを向いた可能性が高い。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?