「相棒」めぐりテレ朝と東映の間に温度差…“最有力”福士蒼汰に5代目は務まるのか

公開日: 更新日:

 水谷豊(69)主演の連続ドラマ「相棒season20」(テレビ朝日系)はスタートから14話連続で視聴率2桁台をキープ。絶好調とまでは言えないが長寿ドラマとしては十分に健闘している。ただ、昨年11月に4代目相棒の反町隆史(48)が今シーズン限りで卒業すると発表されたあたりから、少しずつ雲行きが変わり始めた。発売中の「女性自身」が〈今年10月から相棒season21が内定している〉〈5代目相棒は中村倫也山崎育三郎松坂桃李尾上松也福士蒼汰の5人が有力〉と報じているが、いずれもハッキリしない部分があるという。

 水谷の監督作品第3弾「太陽とボレロ」が今年6月に公開される。先日、檀れい(50)が主演を務めることも発表された。

■「太陽とボレロ」は水谷にとっての勝負作

「水谷さんは半年後に70歳を迎えます。かねて映画監督に本格的にシフトしたがっていましたが、おそらく、『太陽とボレロ』はあらゆる意味で勝負作になるでしょう。もちろん、水谷さんは目の前の『相棒』に全力投球し、数年前から少しずつ次の『相棒 劇場版Ⅴ』の構想を練っていますが、来期の『season21』にまでは意識が向いていないと聞いています。少なくとも東映内には次の相棒の名前はまだ具体的に挙がってきていません。『相棒』を共同制作しているテレ朝と東映の間に微妙な温度差が生じつつあります」(東映関係者)

「祖父と孫」に見えかねない

 5代目相棒の候補に挙がった5人も視聴者の反応を見るための観測気球とみられている。今更、主演級の中村倫也(35)と松坂桃李(33)が脇に回るとは考えにくい。山崎育三郎(36)は2年先までスケジュールがビッシリ。テレ朝局内では福士蒼汰(28)が“最有力”とされているそうだが、いつの間にか“そっくりさん俳優”といわれていた中川大志(23)に追い抜かれてしまった印象がある。“5代目相棒”に抜擢されたら、福士の知名度は一気に回復するだろうが、それで一件落着となるとは限らない。

「演出上の設定に無理があります。3代目相棒を演じた成宮寛貴の時も『水谷との年齢差が親子ほど離れている』というファンの声がありましたが、さらに若い福士だと祖父と孫に見えかねません。“師弟”と呼ぶならまだしも“相棒”は厳しいと思います」(ある演出家)

 ファンのためにも「相棒」は立ち止まって考えるべき時に差し掛かっているようだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント