てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

コント赤信号・渡辺正行の代名詞「コーラ早飲み」“不敗神話”の裏に「無理と我慢」

公開日: 更新日:

「2本飲むってことが、どんだけ大変なことか!」(渡辺正行/TBS系「ラヴィット!」5月25日放送)

 ◇  ◇  ◇

 コント赤信号の「リーダー」こと渡辺正行(66)の代名詞といえば、もちろん「コーラの早飲み」だ。番組で見取り図・盛山と対戦することになった渡辺は、その衰えのない早飲みを見せつける。だが、スタートのタイミングを間違え勝負は不成立に。もう一度となったときに叫んだ一言が今週の言葉だ。

 もともと「コーラの早飲み」芸が生まれたきっかけは偶然だった。渡辺は明治大学の落語研究会に入り、先輩の三宅裕司や立川志の輔に出会った。当時、2人が俳優を目指していたため、影響を受けた渡辺は落研の同期である小宮孝泰と劇団テアトル・エコーの養成所に入所。先輩であるラサール石井と「芝居」の練習としてトリオを組んだ。それが「コント赤信号」の始まりだった。

 ストリップ劇場などで腕を磨いているうちに本格的にお笑いの世界に入り込み、「暴走族コント」などで3人はブレーク。「笑ってる場合ですよ!」や「オレたちひょうきん族」(ともにフジテレビ系)などに出演し、確かな地位を掴んでいった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?