芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

公開日: 更新日:

 近頃、芸能界の大物たちの「終活」事情が話題になっている。

 歌手の加山雄三(85)は19日、年内でコンサート活動を引退することを発表。「まだ歌えるうちにやめたい。最後までいつも通り歌う。それが一番なんだ」と重病説を払拭した。

 同じく歌手の美川憲一(76)は、「アタシ継ぐ人がいないから、今ちゃんとしなかったら揉めるから」と都内にある7億円の自宅を売却。黒柳徹子(88)も都内一等地にあった20億円ともいわれるトットちゃん御殿を売却し、賃貸マンション住まいに。おすぎとピーコは、認知症が始まったおすぎ(77)をピーコ(77)が面倒を見る“老老介護”同居を経て、2月におすぎが高齢者施設に入所、成年後見人が決まったと発売中の「女性セブン」が報じている。

 家族問題評論家の池内ひろ美氏がこう言う。

「終活の相談で一番多いのが相続について。芸能人のように資産があるとお金目当てで近づいてくる人も多く、生前贈与や寄付の相談も多い。おすぎとピーコさんのように専門家にお任せするというのもひとつの選択肢です。一般的に、高齢者は同年代のお友達も減り、寂しくなるので、自ら交友関係を狭めようとはしません。もし、そういった行動があれば、第三者が他の人を排除して情報操作している可能性もある。急に“話し相手ができた”“以前から知り合いで、急に距離が縮まった”“親切な人がいて”と語り始めたら黄色信号。ましてや“若い”“可愛い”“イケメン”なら危険です。加山さんのように美しい幕引きができるのは『自分を客観視できるかどうか』。客観視が身を守る手段でもあります」

 資産のある芸能人はもとより、高齢者全般の問題だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?