浜辺美波は今でも"永遠の清純派"なのか…「蚊に刺された」だけでファン大騒ぎ!

公開日: 更新日:

 今時、たかが蚊に刺されたくらいでニュースになる女優はめったにいないだろう。

 6月21日、浜辺美波(21)が自身のツイッターで、撮影中に蚊に13カ所刺されたことを報告すると、投稿を見たファンからは、《お大事にして下さい!》《早くかゆみが治りますように》など励ましの声が寄せられたことが大きく報じられた。

 浜辺は、「ピュア」「性格が良さそう」「演技がうまい」などと評されることが多い。アンチが少なく、最も好感度の高い女優のひとりだ。

 そんな浜辺にとって初めての熱愛スキャンダルを、昨年9月に『週刊文春』が報じた。記事によれば、お相手は男女ポップデュオ『まるとりゅうが』のRyuga(24)で、二人は浜辺と同じマンションに住む、共通の知人であるYouTuberの紹介で知り合い、一昨年の秋頃から交際に発展。Ryugaは合鍵を使って浜辺のマンションに入り、彼女の愛犬を散歩していたという。

 浜辺の所属事務所は同誌の取材に、双方のマンションをお互いが行き来していることは認めたものの、交際自体は否定。ただ、2017年に映画『君の脾臓を食べたい』でブレイクを果たして以降、昭和の映画スターを彷彿させるその美貌と清純なイメージで人気を博しただけに、浜辺ファンのショックは相当なものだった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情