「男闘呼組」成田昭次のバイト生活はレアケース…元ジャニーズにはびこる“ヒモ体質”の闇

公開日: 更新日:

 未成年時代の特殊な体験が“永遠のヒモ体質”を生んでしまうのか──。

 7月16日に放送された「音楽の日2022」(TBS系)で復活した男闘呼組。高橋和也、前田耕陽、成田昭次、岡本健一の4人で結成されたジャニーズ事務所のロックバンドは1988年に「DAYBREAK」でデビュー。NHK紅白歌合戦に2度出場し、東京ドームでもコンサートを行うほど人気があったが、93年のツアー前に突然の活動休止が発表された。

 そんな人気バンドの29年ぶりの再結成が発表された後、成田が3年前からとんかつ店でアルバイトをしながら音楽活動をしていたと「女性セブン」が報道した。ある芸能プロダクション関係者は成田の行動に感心する。

「偉いですよ。ジャニーズのアイドルは10代の頃に異常なまでにチヤホヤされ、ファンからたくさんのプレゼントをもらう。ほとんどのタレントは、その状態が一生続くと勘違いしてしまう。人格が形成される時期に特殊な体験をするため、よっぽど自分を律せられる人間でないと、“ヒモ体質”になってしまう。いくら売れなくなっても、バイトしようという発想にならない。現に、恋人や妻が一生懸命働いて生計を立てている場合もあります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか