なぜ工藤静香と篠原涼子? グランドデザインの見えない“時代遅れ”NHK紅白歌合戦の断末魔

公開日: 更新日:

 NHKが16日に発表した大みそかの「紅白歌合戦」の出場歌手。郷ひろみに石川さゆり、天童よしみと、いつもの面々のほか、工藤静香(52)が24年ぶりに、篠原涼子(49)が28年ぶりに名を連ねた。

 しかしながら、工藤と篠原の選考について音楽評論家の富澤一誠氏は「なぜ今この2人なのか。80年代がはやっていると言っても、今はやっているのは80年代前半で、彼女たちは後半なので疑問が残る」という。

 来年から休養に入る氷川きよし(45)が白組、紅組の枠を超えた特別企画として出場するのは「ジェンダーフリー」への意識の高まりを受けてのものだという。だが、中高年世代がついていけるのは、そこらあたりまでではないか。ベテランリポーターが言う。

「初出場に選ばれた『IVE(アイヴ)』は昨年12月に、『LE SSERAFIM(ル・セラフィム)』はことし5月にデビューしたばかり。いずれも韓国の女の子グループです。後者には元HKT48宮脇咲良(24)が所属といっても、ほとんどの中高年は首をかしげるでしょう。いくらKポップが人気といっても、やりすぎでしょう」

 やはり初出場のシンガー・ソングライターVaundy(22)は、持ち歌7曲がサブスクで1億回突破し、若い世代に人気というが、こちらも、中高年世代は口ぽかんではないか。男女3人組バンド「Saucy Dog」、女性歌手「Aimer」は「読み方すら分からん」との声が、芸能マスコミ関係者からも上がり、急いでスマホで検索する姿もあった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由