中森明菜は音沙汰なし「紅白での復帰」に暗雲…新旧事務所の食い違いで聞こえる不協和音

公開日: 更新日:

「またぞろ、前のような展開にならなければいいのですけど」

 中森明菜(57)が再始動を発表したこの夏、音楽関係者はそんな懸念を口にしていた。そんな暗雲が立ち込めてきたか。

 デビュー40周年目の節目の年、明菜が新たに設立した個人事務所「HZ VILLAGE」。その監査役を務める弁護士は「女性自身」の取材にこんなコメントをしたという。

「当職としては(前事務所である)『ファイス』に対し、従前のマネジメント業務及び会計について明らかにするように求め、現在返答をお待ちしているところであり、権利関係についてもまだ調査未了の段階です」

 衰え知らずの人気はNHKで放送された「中森明菜 スペシャル・ライブ1989リマスター版」で盛り上がり、ことし大みそかの「第73回紅白歌合戦」への出場をNHKが打診と報じられた。正式な打診はおろか、それを明菜が受けて出場するかどうかも定かでないなか、気の早いマスコミはライバル松田聖子との共演の可能性や、明菜に歌って欲しい楽曲を特集したりしている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント