三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

学生時代から読んでた日刊ゲンダイ 文字通りの「与太噺」にお付き合いいただきありがとうございました

公開日: 更新日:

 サッカーワールドカップでは日本がドイツを撃破。ドイツには勝てないだろうと思いながら見てたもんだから興奮も倍増。これで日曜日のコスタリカ戦がますます楽しみに。それにしても森保監督の采配が冴えるなんて予想だにしてませんでした。ごめんね森保監督。

 AKBの岡田奈々は2.5次元俳優との交際が発覚してチームを卒業だとか。人気のあるメンバーだからファンも厳しめなのかと思ってたら、なんでも5年前の総選挙でチーム内のスキャンダルを辛辣に批判してたそうですね。それはとんだブーメラン。調べてみると年明けにソロコンサートが8回もあるそうで集客や会場の雰囲気はどうなるのか、やじ馬根性がウズきます。ただ応援してる側もAKB商法は統一教会と大差ないということに気づかない方が多いので洗脳を解くには朗報でしたね。

 相変わらず緊張感のない岸田内閣は疑惑というよりは真っ黒けの寺田更迭のタイミングも失敗。統一教会の山際、ハンコの葉梨に続いて大臣の辞任は1カ月足らずで3人目。大臣辞任が多すぎてニュースバリューがないのか報道も少なめ。寺田のお金絡みのデタラメぶりは議員辞職に匹敵するんですけどね。まあ4人目は岸田首相であることを国民は切に願ってます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ