二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「半沢直樹」をきっかけに…今時ドラマの人気トレンドは“復讐劇”

公開日: 更新日:

 冬ドラマが出揃った。今期は女優主演のドラマが多いが、思いのほか視聴率が伸びていない。

 北川景子の「女神の教室~リーガル青春白書~」は初回10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と2桁だったのが、2話で7.9%とダウン。期待して1話を見たが離れてしまった証しだろう。

 広瀬すずの「夕暮れに、手をつなぐ」は8%台。吉高由里子の「星降る夜に」と井上真央の「100万回言えばよかった」、菜々緒の「忍者に結婚は難しい」はすべて初回7%台と苦戦。門脇麦の「リバーサルオーケストラ」も6.8%と低調。昨年も広瀬アリス今田美桜、秋の長澤まさみ清原果耶も振るわなかった。内容は評価されても視聴率が問われる。数字の観点から見ても、低調傾向は続いている。

「主演女優はたくさんいても、名前だけで数字を取れる人はいない。米倉涼子の“ドクターX”のように役がハマると視聴率に結び付くが、最近は女優で役がハマる人がいない。むしろ、準主役ぐらいのほうが注目されている」(テレビ関係者)

 女優主演になると無難な恋愛ものが今期は目立つ。昨年秋の“silent”のヒットにヒントを得たとも言えるが、近年、恋愛ものは深夜ドラマ枠が中心でゴールデンタイムは当たらない傾向もある。果たして、巻き返すドラマは出てくるのか──。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ