松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

公開日: 更新日:

 松岡茉優(28)の主演ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」(日本テレビ系)が健闘している。2日に放送された第7話の平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)は世帯5.2%、個人3.0%と地味な印象もするが、決してダメなわけではない。

「今作はクラスでのいじめが発端となり、女生徒の自殺を皮切りに次々と起こるいじめや嫌がらせの数々などかなり重いテーマで、脚本や演出もエグい。1話完結でもないので、視聴者が次々と脱落していくのは想定内でしたが、初回からそれほど下げていません。そういう意味では、予想外の健闘といえるでしょう」(民放ドラマ制作関係者)

 ドラマが高く評価されている理由の一つが、自殺した女生徒役の芦田愛菜(19)の優れた演技力であることは間違いなく、放送後には毎回SNSが芦田の話題で持ちきりになる。

 ただ、もう一人、忘れてはならないのが松岡茉優の鬼気迫る“暗い演技”だろう。

 松岡が演じる教師・九条里奈はとにかく暗い。ドラマは、九条が生徒の誰かに学校の渡り廊下から突き落とされるシーンから始まり、2周目の人生で殺されないように生き直すという設定から九条が暗いのは当然かもしれないが、その暗さが堂に入っている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方