「ドラマのTBS」がオリジナル脚本で完全復活!実写化問題に直面する日テレとの明暗鮮明

公開日: 更新日:

「ドラマのTBSが帰ってきた」という声が、ネットの至るところで上がるほど、今期のTBSドラマが軒並み好調だ。

 中でも話題なのが阿部サダヲ(53)が主演、宮藤官九郎(53)が脚本を務めている「不適切にもほどがある!」(金曜・午後10時)。昭和と令和の意識の違いを軸に、行きすぎたコンプライアンス遵守や働き方改革、多様性のあり方など、現代のツッコミどころをコミカルに表現した内容が世代を超えてウケているようで、TVerお気に入り登録者は今期ドラマの中でトップの113万人を記録している。

 また初の試みとして、韓国の俳優チェ・ジョンヒョプ(30)をヒロインの相手役として起用した「Eye Love You」(火曜・午後10時)も、2016年放送の「逃げるは恥だが役に立つ」などをヒットさせたTBS火曜10時の枠らしい王道ラブコメが大好評。Netflix「今日のシリーズTOP10」(日本)でTBS地上波連続ドラマ史上初となる初登場1位を記録し、TVerお気に入り登録者も105万人を突破した。

■日テレによる「たーたん」実写ドラマ化延期を求める署名運動

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至