広末涼子「女優復活」へ懸念される鳥羽氏との仲…古巣フラームから独立も前途は多難

公開日: 更新日:

 女優の広末涼子(43)が所属していた事務所「フラーム」から独立し、新たに個人事務所「R.H」を立ち上げたことが16日、フラームのサイトで発表され話題となっている。

「離婚後も新たな仕事がなかなか決まらず、フラームに対し不信感を持ったのが原因といわれています」(芸能プロ関係者)

 広末を巡っては、すったもんだの末、前夫のキャンドル・ジュン氏と昨年7月に離婚が成立。晴れて独立を果たした広末は年内にも不倫相手であったシェフの鳥羽周作氏(45)と再婚するとみられている。もっとも今後、広末を待ち受けているのは「イバラの道です」と前出の芸能プロ関係者が続ける。

「本人は独立さえすれば、今後、仕事のオファーが来ると思い込んでいるが、基本、それはあり得ない。今まで彼女のあまたのトラブルをかばってきたのもフラームです。そもそも広末はフラームが立て替えた違約金1億円余りを一銭も支払っていません。それどころか話し合いの席にもついていないようです。穏便に話し合いの場を持とうとしていたフラームサイドもいずれ法的手段に打って出るのではないかと囁かれています」

 不倫に離婚、果ては金銭を巡るトラブル。しかも再婚相手が鳥羽氏となれば広末のこれまで築き上げたイメージはズタボロ。いずれ芸能界退場を余儀なくされても不思議ではない危機的状況にあるという。

「本人がどう考えているのかよく分かりませんが、地上波復帰は不可能ですよ。配信系などに進出することも考えているようですが、金銭トラブルは万国共通のNGワード。どうやら背後で鳥羽氏の入れ知恵もあるようですが」(キー局ドラマ関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮