中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

公開日: 更新日:

 中森明菜(58)の復活劇が話題を呼んでいる。公式ユーチューブチャンネルに登場し、ヒット曲「TATTOO」のジャズバージョンを披露したのである。最後には両手でピースサインをつくり、笑顔で明るいのだ。

 2017年末のディナーショー以降、長きにわたった活動休止。デビュー40周年を迎えた22年にはNHKの紅白出演オファー説が伝えられたが、実現しなかった。翌23年には「北ウイング」をセルフカバーした楽曲をリリースするなどしたが、このとき公開された近影は黒いブランケットに目から下を覆ったものであった。そうしたこともあって、芸能マスコミは今回「顔出し」「カラーで動く」などの見出しで、歌姫復活と伝えた。ネットには「うれしくて、感謝」「おかえりなさい」といったコメントが殺到している。

「明菜さんの大人の歌声にわたしも感激しました」と、芸能リポーターの平野早苗氏はこう言う。

「明菜さんは明るいばかりじゃない、独特の暗さがあって、笑っていても無理に演出しているような印象も魅力だと思うんです。山口百恵さんも現役時代、同じような印象を受けましたけど、それとも違う。心の中の葛藤、弱さといいますか、誰にもまねできない、確立された雰囲気がありました。その胸の内は想像するしかありませんけれども、今回マイクの前に立つ姿からはそれとはまた別の、新しい明菜さんになっているように見えました。歌手人生の新たな扉を開いたということなのでしょうね」

 明菜を長く取材する芸能記者、マスコミ関係者からも、同じような感想が少なくないようだ。明菜はストレスによる免疫力低下や帯状疱疹を患い、体調面がすぐれないとの報道も続いた。それもあり、若々しく、健康そうで、往時と変わらぬ美しさに驚くとともに、称賛する声が上がるのだ。

「14年の紅白出演時は米ニューヨークからの生中継でした。当時は長くアメリカに滞在していたそうですが、昨年は都内でホテル住まいと伝えられた。帯状疱疹が完治したわけではないにせよ、知人と食事を楽しむなど、回復に向かっていると。そうした話を大きく上回るような復活ぶりなのだから、凄いのです」(元スポーツ紙芸能記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今