著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

永野芽郁も小芝風花も本田翼も撃沈…“女優キラー”高橋文哉とドラマ共演する関水渚は大丈夫?

公開日: 更新日:

 "永野芽郁(24)の2年振り主演作品"として期待された映画『からかい上手の高木さん』(東宝)が、前評判を覆して大苦戦を強いられている。シリーズ累計発行部数1200万部を突破した人気漫画を原作に、ラブコメディーに強い永野が主演ということで、関係者の間では大ヒットが期待されていた。

 ところが、公開日(5月31日)から3日間の観客動員数は約12万9000人、興行収入は約1億6600万円。筆者の試算によると最終興収は4億円超で着地しそうだ。

 さらにこの作品を深堀りしてみると、2022年6月に公開されたアニメ版としての同作品の展開が、今回の実写版と非常に酷似していることがわかった。アニメ版の公開3日間の観客動員数は約10万2000人、興収は約1億4000万円。つまり、原作漫画のファンが実写版も観るために映画館に足を運んでいる構図が浮かび上がる。厳しい言い方をすれば、期待された"永野芽郁の2年ぶりの主演効果"は、わずか2000万円程度だったということにもなる。

 もっとも、すべてを永野のせいにするにはあまりに酷な話で、作品を別のアングルから冷静に分析すると全く異なる"不振の理由"が見えてくる。今作で永野の相手役を務めた高橋文哉(23)が、"とにかく数字を持っていない俳優"であるという現実だ。ここ数年の高橋の出演作品を振り返ってみよう。

 分かりやすいのは、"女優・本田翼(31)の勝負作"であり、劇中に登場する高橋がリーダーの7人組ボーイズグループ『8LOOM』が期間限定でそのままアーティスト・デビューも果した話題作品『君の花になる』(2022年10月期放送、TBS系)だろう。CMやモデルとしては大人気の本田翼の、女優のイメージも挽回する期待された『きみ花』だったが、平均視聴率は5%台前半で終わってしまった。この作品に番手で出演していたのが髙橋である。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方