ザ・フォーク・クルセダーズ バンド解散後に火がついた「帰って来たヨッパライ」

公開日:  更新日:

<1967年11月>

 11月5日、ラジオ関西の深夜放送「若さでアタック」で「おらは死んじまっただ」と甲高い声の突拍子もない歌が流れだした。ザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)の自主制作曲「帰って来たヨッパライ」である。

 たちまち関西地区で反響を呼ぶと、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」でも紹介され、東京でも火がついた。12月25日、急きょ“東芝キャピトル”からシングルが発売され、283万枚という驚異的なセールスを記録した。

 フォークル結成は龍谷大1年の加藤和彦が男性ファッション誌「メンズクラブ」65年9月号の読者欄に「フォークグループを作ろう」と投稿したのがきっかけだった。加藤の自宅に最初に訪ねてきたのは京都府立医大1年の北山修。そこに井村幹生、芦田雅喜、平沼義男が加わり、アマチュアバンドとしてフォークルはスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る