ザ・フォーク・クルセダーズ バンド解散後に火がついた「帰って来たヨッパライ」

公開日: 更新日:

<1967年11月>

 11月5日、ラジオ関西の深夜放送「若さでアタック」で「おらは死んじまっただ」と甲高い声の突拍子もない歌が流れだした。ザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)の自主制作曲「帰って来たヨッパライ」である。

 たちまち関西地区で反響を呼ぶと、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」でも紹介され、東京でも火がついた。12月25日、急きょ“東芝キャピトル”からシングルが発売され、283万枚という驚異的なセールスを記録した。

 フォークル結成は龍谷大1年の加藤和彦が男性ファッション誌「メンズクラブ」65年9月号の読者欄に「フォークグループを作ろう」と投稿したのがきっかけだった。加藤の自宅に最初に訪ねてきたのは京都府立医大1年の北山修。そこに井村幹生、芦田雅喜、平沼義男が加わり、アマチュアバンドとしてフォークルはスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  8. 8

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    樹木希林に「会ってみたい」と言わしめた伝説の芸能記者K

もっと見る