ザ・フォーク・クルセダーズ バンド解散後に火がついた「帰って来たヨッパライ」

公開日: 更新日:

<1967年11月>

 11月5日、ラジオ関西の深夜放送「若さでアタック」で「おらは死んじまっただ」と甲高い声の突拍子もない歌が流れだした。ザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)の自主制作曲「帰って来たヨッパライ」である。

 たちまち関西地区で反響を呼ぶと、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」でも紹介され、東京でも火がついた。12月25日、急きょ“東芝キャピトル”からシングルが発売され、283万枚という驚異的なセールスを記録した。

 フォークル結成は龍谷大1年の加藤和彦が男性ファッション誌「メンズクラブ」65年9月号の読者欄に「フォークグループを作ろう」と投稿したのがきっかけだった。加藤の自宅に最初に訪ねてきたのは京都府立医大1年の北山修。そこに井村幹生、芦田雅喜、平沼義男が加わり、アマチュアバンドとしてフォークルはスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る